決意のなりたち - Prelude I
  • 筆者 : やふ
  • 種別 : 中編 (ページ容量 : 71.9KB)
  • 投稿日 : 2018/02/12(月) 12:53
  • 更新日 : 2018/02/12(月) 12:53
あらすじ
 並列する英雄たちの伝説からおよそ400年後――

 気が付いたらアスハは「ポケモン不思議のダンジョン」の世界にルクシオとして飛ばされていた。人間の頃の記憶は自分の過去など重要な部分だけ欠けていた。

 彼は"ポケダン"の世界を満喫しようとするも、一方でその世界に来た元人間に例外なく課せられた、世界を救うという重責に何故か拒絶的な反応を覚える。どうにかしてその重責から逃れられないか足掻こうとする。

 フタチマルのレンテを初めとした様々な出会いを経て、やがて世界を救う重責を受け止めるアスハ。何がキッカケとなって彼は最終的に世界を救う決意を固めたのか。"ポケダン"の世界に降り立った元人間・アスハの経験を少しずつ切り取る少し重めのポケダン長編。



決意のなりたち -Prelude I
 物語の重さ 3/5 ポケダン4作品のネタバレをやや含みます。
 流血・暴力的な表現の要素はありません。

 この作品では、「ポケモン不思議のダンジョン」シリーズをベースとしておりますが、原作とは以下の主な変更点がありますのでご了承の方お願いします。詳細は本編において少しずつ説明されます。少し見苦しい点ではございますが、ぜひお読みいただければと思います。

・超ポケダン以降も大事件が発生する。
・ポケモンは覚えたことがあるワザ全てを使うことができる。
・その他細かなオリジナル要素。
(12/23追記)・ポケダンにしては暗い作風となります。

 プロットが基本的に完成したのですが、この小説にはできるだけショックが大きくないような設定にはしましたが、若干の鬱要素が後々含まれます。まあほんのちょっとなのですが。ライトな話を読みたいという方には少しお勧めできないかもしれません……

 結局のところ楽しく書こうとしてしまって、さらに推敲不足で拙い文章になっているところが本当に多くありますが、ご了承の方お願いします
本編目次
  • 序章
  •  焚き火を囲むポケモン達の姿があった。彼らは翌日に負けられない戦いを控えていた。
  • あくる日の夜の回想-1 (2018/02/12(月) 16:36)